脱毛 流れ

Lily

脱毛の流れと行く前・帰った後の注意点

最終更新日:2017/07/05

いよいよ脱毛当日!脱毛の流れと気を付けたい事

いよいよ脱毛当日!施術の流れと当日気を付けたい事をまとめました。
脱毛前のカウンセリングについては、こちらを参考にしてくださいね。(脱毛のカウンセリングの流れ

ワキ脱毛のように照射部位が狭い箇所であれば、来店から施術終了まで30分程度と、あっという間に終わります。


脱毛当日の流れ

脱毛の流れと行く前・帰った後の注意点

脱毛当日の流れ

サロンやクリニックへ訪れ会員カードを渡す

カウンセリングや契約の際に、会員カードをもらうので、そちらを提出します。

部屋に入り、必要であれば着替える

サロンやクリニックによりますが、一般的に次のように着替える事が多いです。
  • 顔脱毛の場合は着替え不要
  • ワキ脱毛の場合は、キャミソールでOK
  • 全身またはVIO脱毛の際は、お店が用意する紙パンツを履く
  • 全身は全裸で行う場合もあり、その場合タオルで出来たガウンなどを着用

エステティシャンや看護師が肌や体調をチェック

傷がないか、肌が敏感になっていないか、ムダ毛が残っていないかをチェックします。

ホクロや傷があれば、シールなどで保護します。

剃り残しがあればシェーバーで処理してもらう

背中やVIOのように自分ではお手入れしづらい箇所や、自分でムダ毛処理をしても残っている箇所を、綺麗にしてもらいます。

サロン、クリニックによりますが、基本的に自分で処理しづらい箇所や、多少の剃り残しは無料でシェーバーをあててもらう事がほとんどです。

脱毛開始

脱毛機にもよりますが、最初にジェルを塗布したのち脱毛機でピッピッとあてていく所と、ジェルなしでダイレクトに脱毛機をあてていく所があります。

ジェルの使用・不使用は脱毛機種の違いによるもので、特に仕上がりに違いはありません。

脱毛後、クールダウン(冷却)して終了です。サロンによっては、ローションなどでトリートメントしてもらえる事もあります。

最近は脱毛が早い!
最近の脱毛技術ではかなりスピーディーになり、所要時間がとても短くなっています。

脱毛の所要時間の目安は、両ワキ脱毛で約10分、VIO脱毛で約20分、両ひざ下脱毛で約30分〜45分、両ひじ下脱毛で約20分、全身脱毛で2時間〜2時間半ほどです。

VIOのようなデリケートな場所や、ワキ・膝下などの毛が硬い場所は痛みを感じやすく、脱毛のスピードを落とす事があります。

(コロンは、脇腹を脱毛した時、くすぐったくて脱毛のスピードを遅くしてもらった事があります。)

次回の予約を入れて帰宅

脱毛の施術が終わったら、次回の予約を入れてから帰宅することをお勧めします。

人気脱毛エステは、間際だと予約が埋まっている事が多いので、早めに次の予約を入れておくと安心です。

服装は?メイクは?脱毛当日、行く時に気を付けること

脱毛の流れと行く前・帰った後の注意点

脱毛で気を付ける事

脱毛に行く前は化粧はできる??それともノーメイク?


  • 顔脱毛・フェイスライン周りの脱毛をしない時→メイクしたままでOK
  • 顔脱毛・フェイスライン周りの脱毛をする時→サロンやクリニックで落とせばOK

会社帰りに脱毛するからメイクはしていきたい!という方もきっと多いですよね。

脱毛箇所に顔脱毛やフェイスライン周りが含まれていなければ、普段通りのメイクをしていて問題はありません。

顔脱毛をする際は、顔脱毛やフェイスライン周りについたメイクを落とす必要があります。ただ、エステサロンやクリニックではクレンジングやメイク落としを常備している所がほとんど。そのままメイクしていってもお店で落とせば良いので、当日化粧をしていっても問題ありません。

もしサロンやクリニックにメイク落としがない場合は、自分で持参していきましょう。(ただ、コロンはメイク落としのないサロン・クリニックにあたった事はありません)

日焼け止めは、脱毛の前に落とす?


はい。日焼け止めは、脱毛前に落とします。

メイクも日焼け止めも、毛穴をふさいだり、成分に反応して脱毛効果が落ちる可能性があるからです。

でも、脱毛期間中って、日焼け対策をしっかり行わないといけないんですよね〜。肌がこんがり焼けると、それはそれで脱毛効果が落ちるので。

私の場合、夏の脱毛は顔や首はメイクや日焼け止めをしっかり塗って、サロンやクリニックのパウダールームで落とし、身体の他の部位は長袖、アームカバーでしっかり身体を覆っていました。

中には、施術台にのった後、メイクのふき取りシートでスタッフさんに綺麗にしてもらった事もあります。

脱毛後は、一層日焼けを避ける必要があるため(照射により軽いやけど状態なので)、顔や首には日焼け止めを塗って、身体は全身隠すようなスタイルで帰宅していましたよ。

脱毛の前に制汗剤は使える?

脱毛の流れと行く前・帰った後の注意点

脱毛の前に制汗剤は使える?

ワキ脱毛をする場合、脱毛当日の制汗剤の使用はNGです。

パウダーやスプレータイプの制汗剤だけでなく、シートタイプの制汗剤も使ってはダメです。

これは毛穴に成分が入ってしまいやすく、脱毛機の光やレーザーがそれに反応してしまうと、脱毛効果が落ちる事があるからです。

脱毛の流れと行く前・帰った後の注意点

シートタイプの制汗剤も、成分が脱毛の邪魔をする事があるから、使用はダメです!


私は、サロンに行く前は使い捨ての汗ワキパットを服にはりつけ、汗をかいた時は、ウェットティッシュ(汗を抑える成分や香料を含まないもの)でふきとっていました。


脱毛後の肌も軽く炎症を起こした状態なので、制汗剤は使用せず、帰宅します。

脱毛当日の薬の服用は?

これは、必ず脱毛するサロンやクリニックに確認を入れましょう。

薬の服用に関しては、医療クリニックよりも脱毛エステサロンの方が厳しいです。頭痛薬や風邪薬の前日〜当日の服用はNGという所もあります。

これは、成分的にダメというよりも、体調が万全でないから安全を見てお断りしているというケースが正直多いです。

クリニックは医師がいるからか、わりと強気でOKしてくれる傾向があります。

脱毛の流れと行く前・帰った後の注意点

風邪薬・頭痛薬とも当日の服用で問題ないと言われた事が、2回(別々のクリニック)あります。


ただ、これは在中している医師の考えによると思うので、各クリニックやサロンに必ず、個別に確認を入れてください。聞くときは、薬の名前も必要です。

またホルモン系の薬に関しては、サロンもクリニックも脱毛当日だけでなく、服用中は脱毛がNGという所もあるので、事前に注意が必要です。

脱毛当日の服装はどうしたらいい?

顔脱毛であれば着替える必要がないので、どんな服装でも大丈夫です。

ただフェイスライン周りを脱毛する際は、タートルネックが邪魔になるので首元は開けておいた方が良いです。

全身脱毛もサロンからタオルやガウンを借りれるので、なんでもOKです。強いて言えば、脱ぎ着が楽なものがおすすめです。

顔以外の上半身を脱毛する場合は、上だけ着替えるので、上下つながっていない服が便利です。逆にワンピースは不便です。

特にワキ脱毛や腕脱毛の場合は、下着(ブラジャー)のみ着用してサロンでキャミソールを借り施術してもらう事もできます。時間をかけたくないときは、脱毛当日はキャミソールを着用してからトップスを着ておくと楽!

VIO脱毛の場合も上下別のほうが脱ぎ着が楽です。

足のすねであれば、パンツよりも膝が出る状態であれば、施術してもらえるので、膝が出やすい服を着ていくと良いでしょう。


脱毛終了後、当日の過ごし方は?

脱毛当日、NGな事


脱毛には高熱の光やレーザーを使うので、肌が軽いやけど状態になっています。そこに体温をあげるような上記の事を行うと、体温が上昇し、火照りやすくなります。

のぼせの他、皮膚温の上昇で痒みや赤みが出やすくなるので、脱毛後に体温をあげるような事は避けてください。

下記は控えるようにしてください。

  • 脱毛後のお風呂・温泉(シャワーはOK)
  • スポーツ
  • マッサージ
  • 飲酒

また、脱毛後は肌バリアが一時的に破壊され、肌が敏感になっています。刺激を受けやすく雑菌も入りやすい状態です。体温上昇に伴い代謝が上がれば、発汗するため普段よりも雑菌が繁殖しやすい状態です。衛生面からも身体に負荷をかけないようにしてください。

よくデート前に脱毛に行きそのまま海へ!そのまま温泉へ!といった行動に出る方もいるようですが、これは危険です。そういったイベントのせめて数日前に脱毛をすませておく事がベストですよ!

脱毛当日のシャワーはOK!脱毛当日の入浴はダメですが、シャワーはOKです。体温上昇によるのぼせ、雑菌などが懸念されるので入浴を避ける必要がありますが、洗い流すだけのシャワーは問題ありません。


日焼け対策は念入りに

脱毛期間中は、脱毛効果を落とさないために日焼け予防は必須ですが、脱毛直後は特に気を付けます。

脱毛により肌バリアが一時的に低下した状態だと、普段よりも紫外線の影響を受けやすくなります。普通の状態であれば、はねかえせる紫外線を、そのまま吸収しやすくなっているんですね。

日焼け止めを塗る、帽子や日傘を着用するなど、しっかり日よけをします。

当日の夜はたっぷりと保湿を

脱毛効果をあげるためにも、保湿は普段から欠かせないのですが、脱毛直後は肌がより一層乾いた状態なので、ローションなどでたっぷりと保湿をしてあげましょう。

肌のかぶれ、炎症などを防ぐためにもとても大切です。

トップページへ戻る>>