脱毛 また生える

Lily

脱毛したのに、また生える!一体どういう事?

最終更新日:2017/07/05

せっかく脱毛をしたのに、時間が経ってからまたムダ毛が生えてきた…という経験のある人も残念ながらいます。

特に医療用レーザーは永久脱毛と言われていて、一度脱毛が完了すればムダ毛と完全におさらばできるイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

脱毛をしたのにまた生えてきてしまうのは、いろいろな原因が考えられます。今回は脱毛をしたにも関わらず、またムダ毛が生えてきてしまう理由と対処法を詳しくみていきます。

脱毛したのに、また生える!一体どういう事?

エステの脱毛はまた生えるかと思っていたので、医療レーザー脱毛で全身3回やりました。毛は完全に無くならなかったですが、満足できたのでそれで終了しました。でも3年後には、ワキと膝下の毛がまた濃く・・・


「永久脱毛=一生ムダ毛が生えない」わけではない

医療用レーザーは永久脱毛と言われていますが、実は一生ムダ毛が生えない脱毛方法ではないんですよね。

とはいえ、現在の脱毛手段の中では、医療レーザーは確実性が高いのも事実です。一本一本ムダ毛を処理するニードル脱毛ほど痛みが少なく、時間も早いです。

医療レーザーで脱毛しても、まだ毛が生えてくる理由は、医療レーザー機器に問題があるというよりは、あとに紹介する・脱毛回数が少なく、自己処理を再び始めた・ホルモンの乱れ・照射漏れなどが当てはまります。

脱毛したのに、また生える!一体どういう事?

米国電気脱毛協会では、「脱毛が終了して1か月後の段階で毛の再生率が20%以下」であることを永久脱毛と定義しています。その理由は、現在のレーザーやフラッシュは誕生してから歴史が浅いため。まだ20〜30年程度の歴史しかなく、たとえば20代で脱毛をしたあとに70代や80代などの高齢になっても、ムダ毛が生えてこないと実証できるデータが存在しないのです。


エステサロンの脱毛は永久脱毛ではない

脱毛したのに、また生える!一体どういう事?

エステサロンの脱毛は永久脱毛ではない

サロンのフラッシュ脱毛は、厳密には永久脱毛とは定義していません。

正しくは「不再生脱毛」と言って、今生えている毛を限りなく生えにくくする脱毛方法です。

レーザー脱毛は医療従事者でないと施術ができない高出力の装置ですが、フラッシュ脱毛はそれよりも照射出力を低く設定して、サロンのスタッフでも施術ができる設計になっています。

レーザー脱毛にくらべて強い力で照射できない分、毛周期に合わせて何度も毛根にフラッシュを当てなければ毛乳頭や毛母細胞を破壊できません。

医療レーザーの脱毛回数が5〜6回で済むところ、エステサロンの脱毛が12回〜18回必要といわれるのも、このような理由からです。


脱毛したのにまた毛が生えてくる理由や原因は?

脱毛が終わったのに、またムダ毛が生えてきてしまうのはほかにも次のような理由が考えられます。

脱毛回数が少なく、自己処理を再開してしまった

まず1番に考えられるのは、脱毛回数が少なくて毛母細胞や毛乳頭の破壊がきちんとできていなかった場合です。

脱毛は今生えている毛の毛根に熱を加えて、ダメージを与える施術方法です。

しかし、毛には『抜ける→生える』のサイクルを定期的に繰り返す「毛周期」が存在します。

ムダ毛が生えてこない状態にするには、この毛周期に合わせて2〜3か月に一回施術を行い、確実にムダ毛が生えてくる量を減らす必要があるのです。

中には通っている途中でムダ毛が目立たなくなったからと、サロンやクリニックの脱毛を中断してしまった人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際は今生えている毛がレーザーによって抜けただけで、次の成長期に入った毛が表に出てくることも十分に考えられます。

脱毛回数が足りなかった結果、生えてくる産毛を繰り返し自己処理していると、再び太く濃い毛が生えてくることがあります。

これは毛を生み出す毛母細胞がカミソリによる刺激を受け、皮膚を守ろうと発毛を促すため。

せっかく綺麗な肌になるためサロンやクリニックで脱毛したのに、自己処理で再び毛が太く濃くなるなんて悲しいですよね。

この場合、一度太くなった毛は再び施術を受ければ細く目立たない状態にできるので、気になる人はその部位だけの脱毛をサロンやクリニックでお願いしても良いですし、フラッシュやレーザーの家庭用脱毛器を利用するのも良いでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

加齢によるもの
ホルモンバランスが何らかの原因で乱れてしまうと、生えてくる体毛が濃くなることがあります。

男女どちらも、体内に女性ホルモンと男性ホルモンの両方が備わっています。

特に女性の体内にある男性ホルモンは40代の中年期を過ぎると、一気に分泌量が減ってしまいホルモンバランスの乱れが起こりやすいのです。

すると、頭頂部の毛が薄くなってしまったり、反対に新しい毛穴からムダ毛が生えてきたりしやすい体質に変化する事があります。これはかなり個人差があり、年ととると毛が薄くなる女性もいれば濃くなる女性もいます。
妊娠・出産によるもの
中年期を迎えていない女性でも、妊娠・出産を経験すると、ムダ毛が再び生えてくることがあります。

お母さんの体は赤ちゃんをお腹の中で育てるため、妊娠から出産、産後にかけてホルモンバランスがめまぐるしく変化します。

それまでムダ毛が生えてこなかった脱毛個所から、また毛が生えてくるというケースは意外と多いのです。

若くて生理周期が安定しない
最近では中学生でも脱毛を受けられるサロンが増えてきましたが、10代は体が成熟しておらずホルモンバランスも変化しがち。

生理周期が安定する前は脱毛をしても、ホルモンバランスが変わればまた新しい毛が生えてくるリスクがあるので、すぐにムダ毛が復活する可能性があることも知った上で、脱毛をするかどうか考えていきましょう。

また、生理周期を調節するピルを服用してもホルモンバランスの乱れは引き起こされます。

毛周期が乱れたことによる照射もれ

普段のストレスや食生活の乱れなどの生活習慣からくるストレスでもホルモンバランスは乱れ、本来の毛周期のペースを乱す原因にもなります。

毛周期の乱れが起きると成長期に入っていない毛が隠れていて、定期的にサロンやクリニックに通っても毛根にダメージが届いていないことがあるのです。

その結果、たとえばワキという一つの部位の中でも、部分的にムダ毛が後から生えてきてしまい、照射もれのような状態になってしまいます。

特に毛が濃いVIOラインは、毛周期の乱れによってムダ毛の抜け方がまだら状になることも!

毛周期のずれによって生えた毛は、継続して脱毛サロンやクリニックに通い、まんべんなくダメージを与えることで、まわりとの差がなくなっていきます。

ちなみにコースの途中でもサロンやクリニックに相談すると、毛が薄い部分と濃い部分の毛量がだいたい同じになるよう、濃い部分にレーザーを強めに照射することもできますよ。

このように毛の生え方が気になった段階で早めに相談しておくことも、あとから生えるムダ毛予防に役立ちます。

継続して脱毛サロンに通うことが大切

このような毛周期やホルモンバランスの乱れによる脱毛後の発毛を防ぐには、毛周期に合わせてサロンやクリニックに通うことが大切です。

継続して通い続けていても、たとえば4か月〜半年以上の期間があいてしまうなど、毛周期に合わせて施術が受けられないと、成長期の毛根にレーザーやフラッシュのダメージを届けることが出来ません。

また、ホルモンバランスの乱れが起きるのは、ストレスやかたよった食生活、睡眠不足など現代人の生活スタイルも大いに影響しています。

脱毛期間中はレーザーやフラッシュの熱のダメージによって、肌が普段よりも刺激に敏感な状態になっていますそんな弱った肌が荒れるのを防ぐには、バランスのとれた食生活と十分な睡眠が欠かせません。

特にダイエットで極端な食事制限をしていると、肌のうるおいに必要なビタミンやミネラルがどうしても不足しがち。乾燥肌や肌荒れがひどいと、脱毛を受けること自体もできなくなる可能性もあります。

脱毛後のツルスベお肌を手に入れるためにも、体調不良が気になる人は生活習慣の見直しをしていくことが大切です。

また毛が生えてきたら!おすすめ対策方法

毛量が多い・広範囲に生えてきた→医療用レーザーがおすすめ


脱毛したのに、また生える!一体どういう事?

医療用レーザーがおすすめ

脱毛後にまた毛が生えてきてしまった場合、その量やタイプによって脱毛方法を選びましょう。

毛量が多い、または多くはないけれど広範囲にムダ毛が生えてきたら、照射出力が高く広範囲の施術ができる医療用レーザーがおすすめです。

一回の料金はフラッシュ脱毛とくらべて割高な医療用レーザーですが、高出力での施術ができる分頑固な毛根へもしっかりとダメージを与えられるので、ムダ毛が生えにくいお肌になれます。

少量ならニードルで完全脱毛

まばらにムダ毛が生えてきて気になるようであれば、一本一本確実に処理できるニードル脱毛がおすすめです。

ニードル脱毛は、毛穴に針を入れて電気を通すことで直接毛根を死滅させる施術。レーザーや光とくらべて130年以上もの歴史があり、一本一本毛穴をねらって処理していくから、確実にムダ毛が生えている箇所を脱毛できるのがメリットです。

たとえば脱毛が終わってしばらく経ったあとに、ワキから2〜3本の毛が生えてきたらいちいち処理をするのも面倒ですし気になりますよね。1本だけ気になる箇所があるから処理してもらいたい、という時や白髪の脱毛(フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は基本的に白髪の脱毛はできません)に使えます。

大手のサロンでいうと、TBCエステティックで提供している「スーパー脱毛」が有名です。

「TBCスーパー脱毛」は、電気を使って毛根を焼き切るため、フラッシュやレーザーと違って、日焼けがある人や産毛のような細い毛の人、白髪でも処理が可能です。

本数で契約しておき、ちょろっと気になる毛がみつかったらTBCで数本処理してもらえるので、他サロンやクリニックでの処理残しにもぴったりです。

サロンやクリニックに通うのが難しければ家庭用脱毛器の利用を

サロンやクリニックでの脱毛後に生えてきた毛量がそれほど多くなければ、家庭用脱毛器の利用も便利です。

家庭用脱毛器を選ぶ際は、シェーバータイプではなくフラッシュやレーザー式のものが、おすすめ。サロンやクリニックに比べると照射力は落ちますが、繰り返し使用する事で毛根にダメージを与え、薄くしていくことができます。

脱毛した後にまたムダ毛が生えてきてしまう理由

特に妊娠、出産や加齢によるホルモンバランスの乱れが起きると、脱毛して3〜5年などそなりに年数が経過してからも、突然ムダ毛が生えてくることがあります。

そんなときは広範囲ならコース料金が安い医療用レーザー、完全にムダ毛が生えない状態にしたいのならニードル脱毛、サロン、クリニックへ通う事が難しければ家庭用脱毛器がおすすめです。

生えてくる毛の量や予算や希望に合わせて、自分に合った方法でやっかいなムダ毛とさよならしましょう!