未成年 脱毛

Lily

未成年が脱毛する際に必要な事と人気サロン「未成年脱毛」取り扱い一覧

最終更新日:2017/08/10

未成年が脱毛する際に必要な事と人気サロン「未成年脱毛」取扱い一覧

未成年が脱毛する際は、親権者の同意書の提出や、サロンによってはカウンセリングへの親の同伴が必要なところもあります。

こちらでは、未成年が脱毛する際の注意点をまとめました。

未成年が脱毛する際に必要なこと

親権者の同意書の提出が必ず必要

20歳未満の学生が脱毛サロンと契約するには、必ず親権者の同意が必要です。

同意書は脱毛サロンのホームページからダウンロードできるところと、カウンセリング時にスタッフから渡される2つのパターンがあります。

「同意書」のほかに「承諾書」など、複数の書類へのサインが必要なサロンもあるので、事前にどんな書類が必要かサロンに確認をとりましょう。

特に親の同伴がいらず同意書のみで契約できるサロンは、同意書を忘れてしまうとせっかく来店しても脱毛ができません。

書類に不備がないよう、記入漏れがないか捺印をしているかもチェックしてくださいね。

親の同伴が必要なサロンもある

脱毛サロンの契約では、親の同意書の記入だけでできるところもあれば、カウンセリングのときに親の同伴が必要なお店もあります。

契約するコースの確認や料金の支払い方法など、本人よりも親の方が理解しやすいので二人そろってのカウンセリングを実施しているサロンも多いのです。

また、同伴がいらないところでも、確認のためにカウンセリング中に親権者へ電話するケースもあります。

カウンセリング中にサロンから電話がかかる可能性があることも、忘れずに親権者に伝えておきましょう。

親の同伴が必要でも、遠方で暮らしている場合は、サロンに相談を
高校生や大学生の中には、すでに親元を離れて生活している人もいますよね。

そんな未成年の脱毛で注意したいのが、お店によって親権者の同伴が必要である点。

同席が必要な脱毛サロンだと、わざわざ遠方で暮らす親をこちらに呼ばなければならないので大変です。

ただ、事情を説明すれば同伴ではなく、同意書や電話のみで契約ができるお店があるので、行きたいサロンへ確認を入れてみてくださいね。

同伴必須な場合、親権者が男性だと入店できない可能性がある

脱毛サロンはお客様のことを考えて、男性の入店をNGにしているところもあります。

保護者の同伴が必要なサロンの場合、もし親権者が父親であれば入店ができない可能性があるので注意しましょう。

特にカウンセリング時に親同伴必須で、その場で同意書が渡されるお店だと、署名ができませんよね。

そのような場合は、事前にサロンに親権者が男性であることを説明しておくことで、対応を変えてもらえる事があります。

まずは早めに電話で問い合わせて入店なしでも契約ができるか、もしくは父親の同伴ができるかを尋ねておきましょう。

生理がはじまっていないと脱毛できないサロンもある

脱毛サロンによっては、未成年の脱毛は生理がはじまっていることを条件にしているところがあります。

生理がはじまる前はホルモンバランスが整っておらず、脱毛をしても思うように効果が得られない可能性があるためです。

最低でも2回以上生理がきていることや、安定した周期で生理がきていることなど、サロンによって条件は異なります。

その他、未成年の脱毛で注意が必要なこと

成長段階の細胞を傷つけるリスクがあると知っておく


未成年の脱毛で注意したいのはやはり肌への負担です。

子供の皮膚細胞は、成人と比較すると分裂と成長スピードが早く、未成熟。

成長過程にある皮膚に脱毛機の高温でフラッシュやレーザー脱毛を行うと、成長段階の細胞を傷つける恐れがあります。

子供や未成年への脱毛は、200℃〜250℃の医療レーザーは強すぎるのでおすすめできません。

ミュゼやエピレ、ジェイエステのような一般的なエステのフラッシュ脱毛であれば、70℃前後なので安全性は高くなります。ただ高温には変わりないので、サロンで脱毛してもらって痛みや刺激があったら、すぐに伝え照射温度を下げてもらいましょう。

脱毛は、施術直後は何もなくても帰宅後に赤みが出たり痛みが出ることもあります。(マロンが脱毛エステで働いていた時も、帰宅後に痛みがあった、とお客さんから電話をもらった事がありました。)

そのため、最初は格安の体験プランを利用して肌の様子を見て、問題がなかったらコースを組むことをおすすめします。

人気サロンの未成年脱毛の取り扱い一覧表

脱毛サロン 脱毛できる年齢 その他条件
おすすめ!
ディオーネ
3歳以上 ・18歳未満はカウンセリング時に同伴が必要
・19歳以上は保護者の同意書の提出のみでOK
照射温度が体温と同じで安全に脱毛ができます
エピレ
7歳以上 ・15歳以下は親権者同伴
・中学生除く15〜19歳は承諾書の提出、親権者の電話確認
・高校生以上は承諾書の提出、もしくは電話確認のどちらかでOK
ミュゼプラチナム
年齢制限なし 生理が2回以上順調に来ている
・親権者同伴でカウンセリング時に同意書の署名・捺印
・親権者同伴なしの場合は後日合意書と電話確認
ジェイエステティック
中学生以上 ・高校生まではカウンセリング時に親権者の同伴が必要
・高校生を除く未成年(19歳以下)又は学生(20歳以上22歳以下)は承諾書の提出のみでOK
キレイモ
年齢制限なし ・親権者同意書の提出と電話確認が必要(同意書はホームページでダウンロード)
・親権者に電話確認ができなければ、親権者の本人確認の書類の写しも提出
銀座カラー
16歳以上 ・生理が2回以上安定して来ていること
・同意書の提出
・未成年者限定の都度払いプランは同意書なしでもOK
脱毛ラボ
12歳以上 ・同意書および電話確認が必要
・電話確認ができない場合は親権者の本人確認書類の写しを提出すればOK

人間の体温で脱毛できる優しいエステもある


高熱を使わず人間の体温と同じ温度で脱毛できる、ディオーネというエステもあります。3歳から脱毛が可能なほどお肌に優しいので、子供はもちろん敏感肌の大人の脱毛にも人気です。

未成年が脱毛する際に必要な事と人気サロン「未成年脱毛」取扱い一覧


通常の脱毛は高熱を使うので、痛みを感じることもありますが、ディオーネの脱毛はほんのり暖かくて、思わず寝てしまうほど。

未成年が脱毛する際に必要な事と人気サロン「未成年脱毛」取扱い一覧


新聞でも紹介された、お肌に優しい脱毛です。

ディオーネの未成年脱毛の扱い
  • 脱毛できる年齢:3歳以上
  • 18歳未満はカウンセリング時に同伴が必要
  • 19歳以上は保護者の同意書の提出のみでOK

ディオーネの肌を痛めない脱毛

3歳から15歳までの体験コースの詳細をみる→

16歳以上の体験コースの詳細をみる→