子供 脱毛 サロン

Lily

子供が脱毛できるサロン!デメリットも知った上で脱毛しよう

最終更新日:2017/08/10

子供が脱毛できるサロン!デメリットも知った上で脱毛しよう

お友だちよりも毛深いと、からかわれて消極的になったりと、大きなコンプレックスになることがありますよね。

最近は脱毛機器も進化していて、敏感な子供の肌でも、サロンで脱毛ができるようになり、3歳から脱毛できるお店も

こちらでは、元脱毛エステで働いていたマロンが、子供脱毛(キッズ脱毛)が出来るサロン、そして子供脱毛のメリットだけでなくデメリットもお伝えします。

目次

子供脱毛(キッズ脱毛)ができる人気サロン一覧表


子供の脱毛だとエステサロンよりも病院や皮膚科の方が安全、という気がしませんか?

皮膚科や病院にはお医者さんがいるし、安全性が高そうですよね。

でも肌にとっては、エステサロンの脱毛の方が断然優しいのです。それは、照射温度が皮膚科や病院に比べて脱毛エステの方が低いから。

法律においても、脱毛サロンでの脱毛は年齢制限が設けられていません。サロンが許可していれば、実は何歳からでも脱毛することが可能です。

脱毛サロン 脱毛できる年齢 その他条件
おすすめ!
ディオーネ
3歳以上 ・18歳未満はカウンセリング時に同伴が必要
・19歳以上は保護者の同意書の提出のみでOK
照射温度が体温と同じで安全に脱毛ができます
エピレ
7歳以上 ・15歳以下は親権者同伴
・中学生除く15〜19歳は承諾書の提出、親権者の電話確認
・高校生以上は承諾書の提出、もしくは電話確認のどちらかでOK
ミュゼプラチナム
年齢制限なし 生理が2回以上順調に来ている
・親権者同伴でカウンセリング時に同意書の署名・捺印
・親権者同伴なしの場合は後日合意書と電話確認
ジェイエステティック
中学生以上 ・高校生まではカウンセリング時に親権者の同伴が必要
・高校生を除く未成年(19歳以下)又は学生(20歳以上22歳以下)は承諾書の提出のみでOK
キレイモ
年齢制限なし ・親権者同意書の提出と電話確認が必要(同意書はホームページでダウンロード)
・親権者に電話確認ができなければ、親権者の本人確認の書類の写しも提出
銀座カラー
16歳以上 ・生理が2回以上安定して来ていること
・同意書の提出
・未成年者限定の都度払いプランは同意書なしでもOK
脱毛ラボ
12歳以上 ・同意書および電話確認が必要
・電話確認ができない場合は親権者の本人確認書類の写しを提出すればOK

「生理がはじまっていること」がなぜ条件になっているの?

ミュゼプラチナムや銀座カラーのように、脱毛サロンによっては、未成年の脱毛は生理がはじまっていることを条件にしているところがあります。

これは、生理がはじまる前はホルモンバランスが整っておらず、毛周期が正常なサイクルではないため、脱毛をしても思うように効果が得られない可能性があるためです。

最低でも2回以上生理がきていることや、安定した周期で生理がきていることなど、サロンによって脱毛可能かどうかの条件は異なります。

脱毛効果を考えるのなら、生理がはじまっていて、かつ周期がある程度安定している年齢になってからが望ましいです。

子供脱毛のデメリットとメリット

大切な子供の脱毛だからリスクも知っておこう【子供脱毛のデメリット】

x脱毛しても子供の肌に影響はないの?→未熟な肌に負担がかかる


エステサロンのフラッシュやレーザー脱毛は、成長期の毛根に高熱によってダメージを与えることで、脱毛する施術方法です。

未成年の皮膚細胞は成人している場合とくらべて、分裂と成長スピードが早い傾向にあります。この成長スピードが早い皮膚細胞に強いフラッシュやレーザーを照射すると、成長段階の細胞を傷つける恐れがあります。

特に照射出力が高い医療レーザー脱毛は、未成年に行うには負担が大きすぎます。

脱毛における照射温度
医療レーザー:200〜250℃
脱毛エステ:70℃

医療レーザーより低いとはいえ、脱毛エステの照射温度も人の体温の倍近くで、肌への負担がゼロとは言えません。

では、子供の肌でも負担のかからない脱毛ができるサロンはないのでしょうか?

実はあります!

例えば、この後にご紹介するディオーネでは、人間の体温とほぼ同じ温度(37℃)で照射するため、肌への負担がほとんどありません。

x脱毛してもまたムダ毛が生えてくるリスクがある
未成年のうちに脱毛が完了しても、成人後にまたムダ毛が生えてくる可能性があります。

その理由は、未成年はまだ体が成長段階で、毛が生えてくる元である毛母細胞も後から増加する恐れがあるため。

未成年で脱毛をした段階では存在しなかった毛母細胞ができると、そこからまた毛が生えてきてしまうのです。

つまり、子供が永久脱毛できる可能性はとても低い、ということ。

また、未成年のうちはホルモンバランスも安定せず、生理不順になっている人もいますよね。

ホルモンバランスと毛周期は密接なつながりがあり、成人してホルモンバランスが変化した結果、これまで生えてこなかった毛穴からムダ毛が生える可能性もあります。

大人になってから、また脱毛をやり直さなければならない可能性があることを、認識しておきましょう。

それでも「今」の子供時代を大切にしたい!【子供が脱毛するメリット】

〇間違った自己処理を予防し、より毛深くなる事を防ぐ

子供が脱毛できるサロン!デメリットも知った上で脱毛しよう


ムダ毛が気になり始める小学生や中学生のころは、自分なりに処理をしようとカミソリや毛抜きを使った経験がある人も多いのではないでしょうか?

道具にお金をかけられないからこそ、肌にやさしくないカミソリでムダ毛を頻繁に剃ったり、毛抜きで1本1本抜いたりと、間違った自己処理をしてしまう子も少なくありません。

このような脱毛方法をしていると、もともと肌が敏感な小中学生は、肌荒れや色素沈着などのトラブルが起きる原因になります。

肌に必要な角質までムダ毛処理によって失われてしまうと、子供なのに乾燥肌が進むリスクもあるのです。

子供が脱毛できるサロン!デメリットも知った上で脱毛しよう

実際、マロンは脱毛サロンで様々なお客さまのお肌を見てきましたが、
・肌が異常に乾燥している
・ムダ毛が濃くなっている、範囲が広い
・色素沈着が起きている

という方のお話を聞くと、小中学生時代からカミソリを使っていたという方が多かったです。

ムダ毛が気になる10代から脱毛をすれば、自己処理が不要、または回数が減るので肌への負担を軽減できます。

繰り返すムダ毛処理によって起きる色素沈着や埋没毛を防げるので、美肌のためにも未成年のうちに脱毛をスタートするのは大きなメリットがあります。

〇体育の時間や夏も恥ずかしくない!コンプレックスから解消される
未成年の脱毛のメリットは、自分のコンプレックスの解消につながることも挙げられます。

思春期の子供はデリケートで、ムダ毛などの小さなコンプレックスで頭がいっぱい・・・となってしまう子も。

自分はムダ毛が濃いとのコンプレックスが原因で、自信が持てなくなり積極性に欠けてしまうかもしれません。

脱毛によってムダ毛のコンプレックスが解消されれば、自分に自信を持てますし部活動などいろいろなことに前向きに取り組めるきっかけにもなります。

〇自己処理にかかる時間を短縮できる
ムダ毛処理にかかる時間は個人差があるものの、全身くまなく処理するとなれば軽く1時間以上の時間が必要になってきます。

ムダ毛処理にかける1時間はとても貴重なものですよね。

特に受験時期の学生であれば、ムダ毛処理に時間をかけること自体が大変。少ない時間を有効活用するためにも、脱毛サロンでムダ毛を減らしておけば勉強や部活など、自分が取り組みたいことに集中できるのもメリットと言えるでしょう。

子供(キッズ脱毛)に一押し!おすすめのサロン

1番お肌に優しい脱毛が出来るのは3歳からOKのディオーネ

  • 脱毛できる年齢:3歳以上
  • 18歳未満はカウンセリング時に同伴が必要
  • 19歳以上は保護者の同意書の提出のみでOK
  • キッズルームのある店舗もアリ
  • 通う頻度:3〜4週間に1回、月1回x12回=1年で一つのサイクル


ディオーネは、通常のフラッシュ脱毛と違って高温での施術を行わないので、3歳から脱毛できるほどお肌に負担がかかりません。

他のサロンに比べるとやや脱毛効果は落ちて、回数が倍近く必要になりますが、その分、安全面はかなり高くなり、新聞でもその脱毛法が紹介されています!

子供が脱毛できるサロン!デメリットも知った上で脱毛しよう


もともと小さな子供のために作られた脱毛法なので、痛みも刺激もなく施術を受けられ、敏感肌や痛みに弱い成人女性も多く通っているサロンです。


体験できるから安心!子供用脱毛のお試しコース
全身の中から好きなパーツを選んで、30分間好きなだけ脱毛できます。子供の脱毛に人気の高い部位は、腕全体と、膝下です。

30分の体験コースにはシェービングも含まれます。そのため、自宅で事前処理をしておくと、脱毛する時間が増えてお得です!

サービス開始から10年以上、一切トラブルがないディオーネ。将来のお肌への影響も考えて、安全性にこだわりたい、という方におすすめです。

↓子供脱毛の体験は3歳〜15歳まで↓

子供が脱毛できるサロン!デメリットも知った上で脱毛しよう

16歳以上の体験はこちらから>>
脱毛法は同じでとても優しいです♪>>


子供脱毛できるサロン一覧に戻る▲

関連ページ:未成年が脱毛する際の注意点