脱毛 やけど 原因

Lily

脱毛でやけどになる原因と防ぐために自分ができること

最終更新日:2017/08/14

綺麗になれるはずのエステや医療クリニックの脱毛でやけどしちゃった・・・というケース、実は少なくありません。

実際、脱毛直後の肌は、炎症が起きた軽いやけど状態です。

脱毛でやけどになる原因と防ぐために自分ができること

200℃〜250℃で照射する医療レーザーだけでなく、照射出力が弱く70℃前後の光(フラッシュ)脱毛でも、皮膚にヒリヒリとした感覚が出る人は多く、マロンが勤めていた脱毛サロンでも、軽いやけどの症状を訴えるお客さまがいました。


こちらのページでは、なぜ脱毛でやけどになるのか、原因をまとめました。原因を知ることで、やけどのリスクを減らすことも可能なので、ぜひ参考にしてください!

もし、脱毛後のやけどの症状が出ているのであれば、対策はこちらの記事にまとめています→エステや医療脱毛の火傷の症状と応急処置

脱毛でやけどが起こる原因は?


エステの光(フラッシュ)や医療レーザー脱毛は、どちらも熱エネルギーによって毛根を焼き切る施術方法です。

つまり、脱毛後に炎症が起きるのは、太陽の紫外線によって日焼けしたのと同じ状態です。

もともとフラッシュやレーザーは黒いメラニン色素に照射される仕組みですが、そのときに発生する熱の影響をまわりの皮膚も受け、軽いやけどを引き起こすことがあるのです。

特に毛量が多く太い部分ほど、照射されるフラッシュやレーザーのエネルギーを集めので、やけども起こりやすくなります。

  • ワキやVIOなど、毛量が多い部位
  • 色素沈着や黒ずみのある部位
以上は特にやけどが起こりやすいので注意しましょう。

やけどが起きやすいシチュエーション

脱毛直後は、どなたでも軽いやけど状態(炎症)になります。

通常は、施術からしばらくすると炎症は収まるのですが、ここでは炎症が収まらないケースを見ていきます。

やけどの原因が自分にある3つのケース

@日焼けをしてしまった

脱毛でやけどになる原因と防ぐために自分ができること


フラッシュやレーザー脱毛はメラニン色素に反応するとご説明しましたが、日焼けしていると毛穴だけでなく、肌にも反応するリスクが高まります。

日焼けした肌はメラニン色素が大量に生成されているため、これまで問題なく脱毛できていた人でも、やけどが起こりやすいので気をつけましょう。

基本的に、クリニックやサロンでは日焼けをしているときの脱毛はNGとしています。

脱毛期間中は、普段から紫外線で日焼けしないように十分な日焼け対策をしておきましょう。

A肌が弱い(乾燥、敏感肌)
乾燥肌や敏感肌など、肌が弱っている人も脱毛によるやけどのリスクが高くなります。

本来肌の表面には水分と油分があり、お互いのバランスを保ちながら紫外線や空気の乾燥から皮膚を守っています。

このバリア機能が低下している状態で脱毛すると、照射によって肌にもダメージが伝わりやすくやけどを起こしやすいのです。

脱毛期間中は、いつもよりしっかりと保湿を心がけることで、やけどのリスクが下がります。

B光アレルギーがある
光アレルギーがある人は、フラッシュやレーザーによって脱毛した部位が赤く腫れあがることがあります。

アレルギーには太陽の紫外線に反応する「日光アレルギー(紫外線アレルギー)」と、「光そのものにアレルギー反応」を起こすタイプの人がいます。

日光アレルギー(紫外線アレルギー)の場合は、エステのフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛に紫外線が含まれないので、基本的に施術を受けることが可能です。

一方、光そのものに反応するアレルギー、はレーザーやフラッシュの光で炎症を起こすリスクが高く、脱毛できません。

通常は、サロンやクリニックのカウンセリングシートに光アレルギーの有無を尋ねる項目があります。

光アレルギーかどうかわからない場合は、まずは照射テストを受けてトラブルの有無をチェックしてから、本格的な脱毛に入ることも可能です。

やけどの原因がサロンやクリニックにある3つのケース

@ホクロやシミなどの色素沈着の部分に照射してしまった

脱毛でやけどになる原因と防ぐために自分ができること


日焼けと同じくホクロやシミなどの色素沈着がある部分も、メラニン細胞が数多く存在しています。

そのままフラッシュやレーザーを照射すると、メラニン細胞に光が吸収され、腫れや赤みなどのやけどを負ってしまう原因になります。

やけどを防ぐために、エステサロンの場合は、基本的にホクロやシミがある部位は脱毛をせずに、周辺を避けて施術が行われます。

ほかにも、肌色のメンディングテープを上から貼り付けるなど、黒が目立たないようカバーしてから脱毛する方法もあります。

一方、クリニックでの医療脱毛はあまり気にせず、ホクロもシミもその上から照射するところが多いです。ホクロも大きいものや盛り上がっているもの以外は、特に申告しなければそのまま施術をすすめます。(施術前に、避けたいホクロやシミはあるか、確認はされます)

ホクロへ照射すると、黒焦げになりますが、そこからひどい火傷や色素沈着へとすすむ・・・という経験はコロンには無かったので、あまり神経質になる必要なないのかもしれません。

でもやけどのリスクがゼロ、とは言えません。

コロンは、大きいホクロや濃いホクロは照射を避けていつも脱毛をしていました。

エステティシャンやドクターがホクロやシミがないかチェックしてくれますが、万が一見逃される可能性もあるので、気になるホクロやシミは、カウンセリングの段階で伝えておくことをおすすめします。

A照射出力が高かった
レーザーやフラッシュの照射出力が高かったことで、やけどが起きることも考えられます。

特にワキやVIOなど毛量が多く太い部分は、毛根にしっかりとダメージを与えるため、照射出力を高めに設定することがあります。

フラッシュとくらべて医療レーザー脱毛は照射出力が強い分、脱毛効果は高いのですが、肌へのダメージも大きいので、やけどを起こすリスクも若干高くなります。

もちろんレーザー脱毛はやけどしないように、施術しながら冷却ガスを噴出する装置や、冷却ジェルを使っての脱毛をするなどの対策を実施していますが、人によって肌質が違ったり体調によっても肌が受けるダメージは変わるので、やけどを負うリスクはゼロではありません。

出力温度による火傷を避けるには、痛みやピリピリ感が強かったら、無理せず看護師さんや医師に伝えて、照射温度を下げてもらう事が大切です。

B施術者(エステティシャン)が技術不足だった
エステやクリニック側の原因として、施術者の経験不足の結果やけどを起こすことがあります。

経験が浅い新人が担当したり、研修がしっかりしておらずエステティシャン全体の能力が低いお店だったりすると、自分に問題がなくても肌トラブルを負ってしまうかもしれないのです。

レーザーの照射出力を下げれば、やけどが起こりにくくなりますが、その分毛根の組織をうまく破壊しきれず脱毛効果が出ない可能性も。できれば周囲の皮膚には影響を与えずに、毛根にダメージを与えるぎりぎりの照射出力に調整するのがベストです。

少しでもやけどのリスクを減らすには、脱毛への知識レベルが高いクリニックやサロンを選びましょう。

経験豊富な施術者は、照射をしながら「痛みは強くありませんか?」「熱さを感じませんか?」と声をかけつつ、お客様の状態に合わせて照射出力を臨機応変に調整しています。

脱毛でやけどになる原因と防ぐために自分ができること

脱毛サロンに関していえば、大手の方が研修制度があったりと、全体的にレベルが高いです。万が一のトラブルがあったらおおごとなので、脱毛だけでなくアフターサービスもしっかり指導されています。


やけどを防ぐために自分でできる4つのこと

脱毛によるやけどを防ぐには、施術を受ける前にクリニックやサロンとコミュニケーションをとることも大切です。

@「乾燥」や「日焼け」など肌の状態をお店に伝えよう


肌はその日その日でコンディションが違います。

たとえば、「今回は少し日焼けしてしまった」、「乾燥が気になる」と、脱毛時の肌のコンディションを正直に施術担当者に相談することで、照射出力を調整してもらえます。

ただ、照射出力を落とすと、脱毛効果は落ちます。また乾燥や肌荒れ、日焼けがひどければ、脱毛自体を延期するサロンやクリニックがほとんどです。

通い直すのが面倒、脱毛効果が落ちるので日焼けや肌が弱っていることを正直に伝えない人もいますが、その結果やけどを負ってしまったらショックですよね。

最悪脱毛どころか、大きなやけど跡が残ってしまうかもしれません。

やけどを防ぐためにも、肌に不安があったら、施術前にドクターやエステティシャンにチェックしてもらいましょう。

A日焼けを防ぎ保湿を丁寧に行おう


上記を避けるためにも、脱毛期間中は日焼けを防ぎ、保湿を心がけるのは本当に大事です。

良心的なサロンやクリニックであれば、脱毛の申し込み段階、またはカウンセリングで、日焼け対策と保湿について連絡をしてきます。

お手持ちの日焼け止め、保湿クリームなどで日々、ケアをするようにしてください。

B帰宅後も、脱毛箇所が痛かったり熱かったら冷やそう


脱毛後は、どうしても皮膚がほてり軽いやけど状態になります。

ここから本格的なやけどに移行させないためには、十分なクーリングが必要です。

サロンやクリニックでもクーリングをしてもらえる事が多いですが、帰宅後もヒリヒリ感があれば、流水、氷、保冷剤、冷やしたタオルなどで、火照りのある場所をしっかり冷やしてくださいね。

C生理後に脱毛できるように予約をとろう

生理前1、2週間前くらいから肌が敏感になり免疫力もおちます。いつもと同じ温度で照射しても、痛みが強くなる時期です。

心地よく、またリスクなく脱毛できるタイミングは生理後がベストです。

スケジュール組むのがなかなか難しいかもしれませんが、もし可能であれば生理後に脱毛できるよう、予約を組むことをおすすめします。

やけどリスクを避けるためのお店選び

経験豊富なエステティシャンやドクターがいるお店を選ぼう


フラッシュやレーザーの照射出力を決めるのは、エステティシャンやドクター、看護師さんです。

だからこそ脱毛経験が多い人に施術してもらった方が安心。

特に全国的に名前が知られている大手サロンやクリニックは、基本的に社員の教育や研修も充実していて、脱毛の知識が豊富な担当者がたくさん在籍しています。

テスト照射を受けられないか聞いてみよう

テスト照射が出来るエステやクリニックもあります。

カウンセリングで無料照射できるお店もありますが、契約後、または脱毛初回にまずテスト照射から行うところもあります。

この時のお肌の状態によって、照射温度を調整していきます。

アフターサービスが充実しているお店を選ぼう

万が一やけどを負った際にどんな対応をしてくれるのか、契約前にサロンやクリニックに尋ねてみることも大切です。

たとえば、脱毛サロンの中には脱毛後のトラブルに対応するサポートセンターを用意しているところもあります。

やけどをしたとサロンに電話をしたけれど、きちんと対応してもらえなかった…とならないよう、トラブルが起きたときにどう対処してくれるのか、どんなフォローをしているか必ず聞いておきたいですね。

さらに、このような質問に対して、こちらが納得するまでていねいに説明してくれるお店かどうかも大切!

反対に契約時にアフターケアに関する説明がないサロンやクリニックは、トラブルが起きた際にきちんと対応してもらえない可能性があります。

安さや立地だけで決めず、信頼できるお店かどうかを見極めてから契約しましょう。

まとめ


脱毛をする人が年々増加してきた結果、やけどのトラブルも件数も増えてきています。

ニュースでも取り上げられた事があるように、脱毛に関するトラブル相談は5年間でなんと約1,000件に迫るほど!

脱毛はツルツルのお肌を手に入れられますが、少なからずやけどなどの肌トラブルのリスクがあることも忘れないでください。

大切な自分の体を守るためにも、日焼け対策などの自己管理のほか、時間をかけて信頼できるサロンやクリニックを見つけることがトラブル防止につながりますよ!

アフターサービス充実!大手サロン、クリニック満載です♪


脱毛でやけどになる原因と防ぐために自分ができること

敏感肌、日焼けしてやけどが怖い!という方は、やけどリスクのない脱毛サロンもあります。高温ではなく、人間の体温と同じ37℃で脱毛できるから、3歳の子供でも受けられる「ディオーネ」というサロンです。

脱毛で痛い思いをした事のある人にも人気です→ディオーネの脱毛効果と口コミ